種類別ニキビ対策

ケアは早めに・洗顔と保湿が大切

ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで始まり、放置すると徐々に悪化していきます。悪くなると治った後にニキビ跡が残ってしまうこともあるので、なるべく早い段階でケアするのがベストです。
毛穴に皮脂が詰まって白くぽつぽつして見えるのが「白ニキビ」で、もっとも初期の段階です。この段階では適切な洗顔で肌を清潔に保ち、スキンケアで水分・油分をバランスよく補うことで治ることがあります。
白ニキビをケアせず放置すると、皮脂が酸化して黒くなる「黒ニキビ」になります。この段階でも洗顔とスキンケアで治すことは可能です。また、ホルモンバランスを整えるため睡眠をしっかりと取り、食事からビタミンを補給することも大切です。

進行してしまったら皮膚科にかかることも検討

白ニキビ・黒ニキビといった初期の段階からさらに進んで炎症を起こしたものが「赤ニキビ」です。赤く盛り上がって目立ってきますし、触ると痛みを感じることもあります。この場合は清潔にするのはもちろんですが、炎症を抑えることも必要になってきます。洗顔後に消炎効果のある化粧水でローションパックをしたり、ニキビ薬をつけると良いでしょう。
炎症が悪化すると黄色い膿を持った「黄ニキビ」の状態になります。ここまで悪化した場合は皮膚科にかかるのが最善の策です。膿を見るとつい潰したくなるかもしれませんが、クレーターのような跡が残ってしまうことがあるので絶対にやめましょう。万が一跡が残ってしまった場合は、美容皮膚科で治療することが可能です。