肌質別ニキビ対策

脂性肌・混合肌は皮脂を取り過ぎず潤いをたっぷりと

ニキビは過剰な皮脂分泌で起こるものなので、脂性肌の人は特にリスクが高いといえるでしょう。脂性肌の人はこまめな洗顔で肌表面を清潔に保つことが第一ですが、やり過ぎは禁物です。肌に必要な皮脂まで落としてしまうと、肌は潤いを守ろうとしてかえって皮脂分泌を促進させてしまいます。洗顔はやり過ぎないこと、そして洗顔後には潤いをたっぷり与えることが大切です。
Tゾーンは脂性だけどUゾーンは乾燥するいわゆる混合肌の場合、ゾーン別の対処が必要となります。脂性肌の場合と同じくTゾーンは皮脂を取り過ぎないことが重要です。また、Uゾーンだけでなく実はTゾーンにも水分は不足しているため、重ね付けなど化粧水でのケアをしっかり行う必要があります。

乾燥肌・敏感肌はバリア機能の回復に努めよう

油分の少ない乾燥肌は一見ニキビとは無縁のように見えますが、別の原因でニキビができることがあります。肌が乾燥すると肌表面のバリア機能が衰え、ニキビ菌などの外敵から肌を守る力が低下してしまうのです。そのため、乾燥肌の場合は肌にたっぷりの潤いを与えると同時に、肌の乾燥を招く夜更かしや便秘などを改善する必要があります。
敏感肌の人も肌のバリア機能が衰えた状態なので、保湿がケアの要となります。ただしその化粧品自体が肌に合わず、さらなるトラブルを引き起こしてしまうことも考えられるので注意が必要です。敏感肌の人がニキビケアをする場合は低刺激性のものを選び、事前にパッチテストを行って肌に合うかどうか確認してから使うようにしましょう。