バランスの取れた食生活が大切

バランスの取れた食事の重要性

ニキビ予防に、バランスのとれた食事は欠かすことは出来ません。確かに、食生活を改善したからと言って、すぐに効果を発揮するものではありませんが、長期的に行うことで体質を改善し、身体の中からニキビの出来にくい肌を作っていくことは、美肌を目指す人にとってとても重要な事です。症状を抑えるために、即効性のある薬を使用したとしても、一時期の症状を改善することが出来るだけで、ニキビの出来やすい体質のままでいれば、また同じようにニキビが発生してしまいます。このような繰り返しは避けたいですよね。
バランスの取れた食事をすることは、健康を維持するために一番必要な事でもあり、ニキビや美容にとっても欠かすことの出来ない効果的な事なのです。

実際何をどれくらい摂るべきか

具体的にバランスのとれた食事とは、どのようなものでしょうか。
一番気を付けたいのが主食です。主食とはご飯やパンなど炭水化物を多く含む食べ物です。炭水化物は人間のエネルギーの源となる栄養素で、摂りすぎてしまうと炭水化物の糖質が脂肪分へと変わり、皮脂の増加につながります。ニキビが出来やすい環境を作ってしまうのです。ですが、食べずにいると、その効果は一過性のもので、摂取をしないままでいると基礎代謝が下がり、肌のターンオーバーが乱れ、ニキビの出来やすい環境になってしまいます。一回の食事にはお茶碗に軽く一杯くらいが目安です。
他は、主菜、副菜をバランスよく摂りましょう。食事のメインともなる肉や魚、大豆などの主菜も片手に乗る程度を目安に摂るようにしましょう。また、野菜や海藻などのビタミンや食物繊維を含む副菜は、緑黄色野菜を中心になるべく多く、どんぶり一杯くらいの量が理想的です。