ニキビが出来たときの注意点

初期ニキビに対処する時はセルフケアのコツをつかもう

痒みや痛みなどの症状が無い初期ニキビについては、正しいセルフケアのコツをつかむことで、自宅に居ながら無理なくケアをすることが可能です。特に、ニキビの色が白や黒の場合には、肌に優しい石鹸やクリーム、洗顔フォームなどを積極的に活用することがおすすめです。また、敏感肌やオイリー肌などの自覚がある人については、できるだけ肌へのダメージの少ないスキンケア用品を選ぶことがポイントです。最近では、添加物が含まれていないものや、海藻やハーブなどの天然成分を多く含むものが出回っており、デリケートな肌の人も気軽にニキビケアに取り組めるようになっています。そこで、日頃から初期ニキビに適切に対処するため、色々なタイプの商品の使い方を覚えることが大切です。

肌荒れがひどい時には無理せずにクリニックへ

日々のニキビのケアが不十分だったり、ホルモンバランスが乱れたりする場合には、肌荒れがひどくなることもあり、早めにクリニックで受診をすることが大切です。例えば、塗り薬や面皰圧出などの保険適用の治療法を選択できるクリニックは、ニキビの治療費用をできるだけ安く済ませたい人にとって、頼れる存在として位置づけられることがあります。一方、ニキビの跡が残ってしまったケースについては、通常の治療法だけでは対処できないことがあるため、レーザーやフォトフェイシャルなどの保険適用外の治療を検討する必要があります。なお、ニキビ治療の必要性について判断しかねる時には、無料でカウンセリングをしてくれるクリニックを探しましょう。