洗顔や保湿、正しいスキンケア方を身につけよう

ただ洗顔をすれば良い訳ではない

ニキビの原因は様々ですが、顔の雑菌が繁殖して炎症が起こるのも一つの原因です。なので、単純に考えると洗顔をすれば雑菌の繁殖が抑えられると思ってしまいます。もちろん洗顔をすれば余分な皮脂や雑菌を除去できますが、必要な油分も奪ってしまいます。
顔の油分はベトベトして邪魔なものだと思いがちですが、実は皮膚を守る為に必要なものです。その油分までごっそりと奪ってしまうと、身体は皮膚を保護しようと更に油分を増やそうとします。結局、油分を取り除いているつもりが逆に増やしているという状況になるのです。
数時間置きに洗顔するというペースではなく、一日に二回程度で十分です。夜は汚れているので確実に洗顔をする必要があります。

乾燥を防ぐ保湿も重要

皮膚が乾燥をすると油分が出てくる一因になるので、保湿をすることも大切です。そもそも乾燥は皮膚にとってダメージが大きいので、なるべく避ける必要があります。冬などは常に注意が必要ですが、夏でも風呂上がりは乾燥しやすいです。特に熱い湯に入ると油分を更に奪ってしまうので入念なケアをしなければいけません。
ただ、あまり深く考える必要はなく保湿クリームを塗っておくだけで十分です。毎日使う物なので、自身の経済力を考えて保湿の商品を選択します。すると、乾燥が防げて常に良い肌の状態が保たれるのでニキビも発生しにくいです。
その他にも、強く肌を擦ったり洗浄力の強い洗顔料を使用すると乾燥しやすくなるので、避ける必要があります。